ブランドごとに商品名をアルファベット順で表記しています(サブブランド名は除く)。

VOLK RACING

GRAM LIGHTS

VERSUS

VMF

HFULLCROSS

WALTZ FORGED

HOMURA

TEAM DAYTONA

A-LAP

TWO BROTHERS RACING

RAYS The concept is racing.

RAYS The concept is racing.

販売店様ログイン


ID 
PASSWORD 
Keep login 

【TOPIC】 FIA WEC 第4戦 富士6時間耐久レース 決勝でRAYS製ホイール装着TOYOTA GAZOO Racing TS050 HYBRIDがワン・ツー・フィニッシュ、怒濤の追い上げを見せた7号車が今季初勝利を飾る 

予選で速さを見せながらも無念の失格により8番手からの追い上げを強いられた7号車が今季初勝利。8号車は僅差の戦いを続け、11秒差の2位でチェッカーを受けました。
前夜から降りだした雨は午前中に渡って降り続け、午前11時の決勝レーススタート時になっても水煙が上がるほどのウェットコンディション。このため、1周のセーフティカー先導ラップの後に本戦が開始されました。
スタートダッシュを決めた8番手スタートの7号車小林は、僅か2周でトップを走るチームメイトに続く2位へと浮上して見せました。7号車は早めのタイヤ交換で一旦ポジションを落としたものの、他カテゴリー車両のクラッシュにより導入されたセーフティカーにより、幸運にも上位勢とのマージンを詰めることが出来ました。
その後、2台のTS050 HYBRIDは差を広げたり詰めたりしながらハイペースで周回を重ね、2台は20秒ほどの差を保ったままレースを支配。午後5時、7号車がトップ、8号車が2位でチェッカーフラッグを受け、完璧なワン・ツー・フィニッシュを成し遂げました。
2018年最後のWEC戦は11月18日(日)の上海6時間レースとなっています。皆さん引き続き応援をよろしくお願いいたします。